カラオケ

【カラオケ】100点51曲目~59曲目までババっと紹介しちゃうよっ!

こんにちは~、こげぱんです。

前回の記事で50曲達成!!という記事を書いておきながら、記事を書いている途中に59曲まで増えてしまっていたので、今回の記事は残りの9曲を紹介しちゃうよーというものです。

今回も「精密集計DX-G」のデータをつかって見ていきたいと思います!

カラオケ100点、51曲目~59曲目!

1,「メリュー」 n-buna feat.初音ミク

こげぱんは結構ボカロも歌います。正直100点出すにはボカロは向いてないのですが、歌っていて楽しいのでカラオケ行く度に歌いまくります。

ただ、ボカロは本当に難しいので何度も何度も練習しました。データを漁ってたらメリューを初めて歌っていたときのものが見つかったのですが…↓

まさかの80点笑。

しかも2016年11月26日なので、採点を始めた日から歌っていたんですね。約2年の練習でようやくボーナス点込み100点がとれるようになりました。

練習って大事やね…。

この成長ぶりは練習すれば80点しか出せなかったやつでも100点に近い点数がとれるようになるって証拠になったんじゃないでしょうか!?

2,「ぼくらのレットイットビー」 はりーP feat.初音ミク

これもボカロですが、この曲はかなりテンポもゆっくりなので簡単に高得点が狙える曲です。「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」をモチーフにした曲のようで、友達とカラオケ行ったときなどにも歌いやすくて大好きです。

音程正確率と表現力が95点付近まで上がってくれれば素点99点も夢じゃないな~なんて思ってます。引き続き頑張る候補の1つですね。

3,「手紙~拝啓 十五の君へ~」 アンジェラ・アキ

一時期「みんなのうた」で超人気があった記憶があります笑。僕が中学校の頃の合唱コンクールでは課題曲の1つにもなっていました。
アンジェラ・アキさんは歌詞も音楽も良いものがおおいですね。

採点的にみても、特に難しい箇所もなく長いピッチも多いのでロングトーンもビブラートも入れやすい印象ですかね。ちょっと音域が広いので、声域が狭いひとはアンジェラ・アキさんの歌はきついかもしれません。

でも、声域は練習で広げられるのでご安心を!!

4,「フレンズ」 レベッカ

僕の年だと、この曲を聴くと「ピカルの定理 白鳥美麗物語」が出てきてしまうんですが笑、調べてみたら「ハーフポテトな俺たち」っていうドラマのエンディングテーマで大ヒットした曲みたいですね。

僕は母(ままパン)が昔カラオケで歌っていたので覚えました。

メロディーラインがわかりやすく、歌いやすい曲だったので簡単にボナカンは出すことができました!なかなかオススメです!!

5,「異邦人~シルクロードのテーマ~」 久保田早紀

これもままパンの影響ですね。僕の友達は知っている人全然いませんでした(>_<)
周りの話を聞く限り、やっぱりいまのトレンドは米津玄師さんと菅田将暉さんのようです。

歌いやすさとしては、多少音が揺れる曲なので音程をとるのが少し難しいかもしれません。ただ、テンポがはやくないので、ロングトーンとビブラートは狙っていれることができます。

テンポが遅い曲の方が長いピッチが多いので、ビブラートの波形が整えやすいです。特に、ビブラートの練習をしている人はテンポが遅く、長いピッチが多い曲で練習するとビブラートに集中しやすいのでオススメです。

 

6,「桜色舞うころ」 中島美嘉

テレビなどでやっているカラオケ番組でいろんな人が選曲される定番曲です。全体的にゆったりとした曲調で、音程もいきなり高音に飛んだりするようなことがなく、段階的なので歌いやすいはずです。

ただし、ゆったりしている分、リズムがタメになりやすいのと安定性が欠けやすいので十分注意して歌った方がよいですね。

7,「Dear…Again」 広瀬香美

冬の女王の曲から1曲100点を出すことができました!

メロディーはほぼ同じで、歌詞が違う「Dear..」もあるのですが、こちらは「Dear…Again」よりもバラード調に作られていてリズムがとりにくいのと、『今すぐにでも あいたいーー』の部分が非常に難しいので断念してAgainのほうで挑戦しました。

正直、Dear…AgainよりもDear…のほうが雰囲気が好きなので、今度また挑戦してみたいと思います!

8,「ヒーローマスク」 伊東歌詞太郎

伊東歌詞太郎さんが作詞・作曲どちらもやっている曲です。正直かなり難しかったですがなんどもなんども歌い直してやっと100点取ることができました。

僕は男性歌手ほど高音が出ないので、キーを上にあげてオクターブ下で歌っています。
何気知らない方多いのですが、あまりにキーが高くて歌えない場合はキーを下げるのではなく、逆に上げてオクターブ下で歌った方が歌いやすいことが多いです。

キーで悩んでいる方は是非試してみてくださいね!

9,「ごめんね…」 高橋真梨子

高橋真梨子さんの「ごめんね…」です。ちょっとサビを気持ちよく歌いすぎたせいで表現力が欠けているのですが、残りの4つがかなり高評価がとれたのでボナカンができました。

表現力さえ欠けなければソテカンも夢じゃないかも…?

これはソテカン候補生として引き続き練習に励みたいと思います!

100点 51~59曲目 まとめ

ばーっと9曲並べてみて、やっぱり「メリュー」が1番うれしかったですね~。
100点まで2年もかかってますから笑。

練習開始時に80~85点とかだったのが、今はほとんどが100点出せているのをみると「あー、練習して良かったな」と思えますし、ますますカラオケが楽しくなってきます(^O^)

50曲超えたけど満足することなく、次は大台の100曲を目指してこれからも日々努力を重ねていきたいと思います!!

それでは(^^)/

2019年11月28日追記

ついに100点100曲達成しました~!新しく記事にしたのでぜひご覧ください!

【カラオケ】ついに精密採点100点100曲達成!!たどり着くまでにお世話になったものをご紹介!