ディズニー

【ディズニー】ついにソアリンがディズニーシーに上陸!ファストパスは10分で終了!?

こんにちは!最近とってもテンションが上がっているこげぱんです!

といいますのも、2019年7月23日に、ディズニーシーに『ソアリン:ファンタスティック・フライト』がグランドオープンしました!

実は数日前から試験運用しているので、グランドオープン前にも体験することは出来るのですが、残念なことにこげぱんはテスト期間です(T^T)

フロリダ、カリフォルニア、上海にはもう既にあるアトラクションなのですが、海外でもかなりの人気を誇っています!

そんな大人気アトラクションがついに東京(千葉)にも上陸したということで、テンションがものすごい上がっているのですが、そのアトラクションの性質より、いくつか注意点があるので今回の記事ではそれらも含めてまとめてみたいと思います!

『ソアリン:ファンタスティック・フライト』とは?

基本情報

『ソアリン:ファンタスティック・フライト』はシアタータイプのアトラクションとなっています!

所要時間:約5分(メインショーのみ)

定員:1シアターにつき87名(シアターは全部で2つ)

※身長が102cm未満の方は利用することが出来ません。

ホテルに宿泊した人は15分早く入園できる「ハッピー15エントリー」の対象アトラクションです!

ソアリンはメインショーとプレショーの2部構成になっています!

タワー・オブ・テラーとおなじ形式ですね。

プレショーでソアリンのストーリーをざっと紹介されたのちに、「ドリームフライヤー」に乗り込んで大空への旅がはじまります!

ソアリンのストーリー

メディテレーニアンハーバーの丘に、空を飛ぶという人類の夢を称える特別な博物館、ファンタスティック・フライト・ミュージアムがあります。今日この博物館では、飛行の研究に情熱を注ぎ、未来を夢見て努力し続けた女性、カメリア・ファルコの人生を振り返る特別展が開催されています。

博物館を訪れたゲストは、さまざまな展示物を見ながら館内を巡り、カメリアの功績を称える特別展のギャラリーに入ります。そこでゲストは、カメリアのスピリットとの不思議な出会いを体験し、最後にはカメリアが仲間とともに開発した空飛ぶ乗り物、ドリームフライヤーに乗り込みます。

「イマジネーションや夢を見る力があれば、時空を超え、どこにでも行くことができる」と信じていたカメリア。その思いが込められたドリームフライヤーとゲスト自身のイマジネーションや夢を見る力が、ゲストを壮大で爽快な空の旅へと誘います。

引用元:【公式】ソアリン:ファンタスティック・フライト|東京ディズニーシー

ファストパス対応!

ソアリンはファストパス対応アトラクションです!

2019年7月23日より正式にスマホでファストパスがとれるようになったので、是非活用してみましょう!

ソアリンは人気アトラクションになるはずなので、ファストパスを活用することで効率よくパークを回ることが出来ます。

が、ファストパスの取得はかなり困難なので頑張りましょう笑

『ソアリン:ファンタスティックフライト』の注意点!

回転率がそこまで良くないかも…

うーん、シアター系のアトラクションは回転率がいいイメージがあるのですが、ソアリンは思ったよりも回転率はよくなさそうです。

1シアター当たり87人ずつしか乗れず、1回のショーが5分ほどなので2シアターあわせても5分で174人です。ソアリンの人気っぷりを考えると待ち時間はかなり長くなることが予想されます。

出来ればファストパスを取得して乗ることをオススメします!

ファストパスもすぐに終了してしまうかも?!

先ほど出来ればファストパスを取得して乗ることをオススメすると言いましたが、実はこのファストパスの取得がかなり困難です。

グランドオープンして間もないということもありますが、本当に一瞬でファストパスがなくなります。

2019年8月6日時点でファストパスは開園してから平均10~20分でファストパスの発行は終了しています。

これをみて「開園して10分でファストパスがなくなるなら開園時間までにはパークに着いてよう!」なんて思う方もいるかと思いますが、開園時間にパークに着くようだと入園出来るのは混雑期で8時30分ごろになるため間に合いません!

遅くても開園1時間前までにはエントランスに着いているようにしましょう!

ハッピー15エントリー対象アトラクション!

「ソアリン:ファンタスティック・フライト」はホテル宿泊者が開園時間より15分早くは入れる「ハッピー15エントリー」の対象アトラクションとなっています!

よって、開園時間前でもホテル宿泊者は入園後、ファストパスの取得・アトラクションへの搭乗が可能です。いち早く乗りたい人はホテルに宿泊するのが1番確実でしょう。

ソアリンのファストパスの午前中の時間帯は全部ホテルに宿泊した人で終わってしまうため、通常開園の人は基本的には午後の時間帯しかとれないと思った方が良いでしょう。

ソアリンの混雑状況

ソアリンは開園直後から一斉にゲストがスタンバイに並ぶため、開園~1時間後くらいで180分~210分待ちくらいまで伸びます。

その後、12時~15時くらいまではかなりの暑さからか、120分~150分ほどまで減り、夕方以降になり暑さが落ち着いてくると180分くらいで安定します。

基本的にはスタンバイでは3時間ほど並ぶ必要があると思っていた方が良さそうです(^_^;)

↑2日目の開園30分後の待ち時間です。約5時間待ちですね…

オススメは開園待ちして朝イチで乗ってしまう事ですね。朝イチだとファストパス側が動いておらず、スタンバイだけの案内になるので進みが早いです。

こげぱんは朝イチで並んだところ約90分まちでの乗ることが出来ました!もちろん十分長い待ち時間なのですが、180分や200分と比べたらカワイイもんです笑。

昼時は120分くらいまで減りはするものの、熱中症の心配があるのでオススメしません!体調を崩してはせっかくのディズニーが台無しなので絶対に無理はしないでください!

ソアリンファストパスを取得するために…

史上最難関と言われていた「トイストーリー・マニア!」を遙かにしのぐ難易度を誇る「ソアリン:ファンタスティック・フライト」のファストパスですが、どうやったら確実に取ることが出来るのか考えてみました!

その1,ディズニーホテルに泊まる

はい、結局これが1番確実なんです笑。

「そんな金ねえよ!」と思うでしょうが、「セレブレーションホテル」なら安い日は1人5000円台で泊まることも出来ます!

ハッピー15エントリーも使えるのでソアリンに確実に乗れるだけでなく、1日の充実度も格段に上がりますよ!

もし、ディズニーホテルに泊まるのなら、アンバサダーホテルの「シェフ・ミッキー」やレストランの予約も一般のゲストよりも早くすることが出来るのでいろいろカスタマイズしてみるのも良さそうです。

その2,舞浜近辺のホテルに泊まる

ディズニーホテルではなく、舞浜近辺のホテルに前乗りする方法です!

前日の夜に舞浜に移動して一泊してから開園待ちしましょう。始発よりも早く並ぶこともできますし、朝早く起きて電車に乗るよりは少しは時間的に余裕が出来るでしょう!

こげぱん調べでは3000円くらいから泊まれるホテルもあるようです…!

ただ、こちらはディズニーホテルと違って「ハッピー15エントリー」は使用できないので結局早い時間から開園待ちしないと行けません。

それを踏まえるとちょっと高くてもディズニーホテルの方が楽で良いかもしれないですね。

その3,始発で行く

1番お金がかからない方法です笑。始発で行って開園待ちしましょう。

基本的にこの方法は関東圏のそんなにディズニーが遠くない方にオススメな方法です。

欠点としては、始発で行く以上かなりの早起きが要求されることと、始発の時間によっては大して早く並べないことです。

始発で行っても到着が7時30分というような方は始発で行ったところでファストパスがとれない可能性も十分にあるので、前乗りしてホテルに泊まった方が良いでしょう!

その4,キャンセル拾いを狙う!

これは、朝早く行けずにファストパスがとれなかった場合の救済措置になります。

スマートフォンでファストパスをとれるようになってから、自分でファストパスをキャンセルして違うファストパスを取り直す事ができるようになりました!

このキャンセルされたファストパスはほかの人がとれるので、誰かがソアリンのファストパスをキャンセルした際、そのファストパスを取ることが出来ます。

もし、ソアリンのファストパスが発行終了になってしまったとしても諦めずに更新し続ければだれかのキャンセルを拾えるかもしれません…

ただし、こればっかりは運なのと、これをやるとスマートフォンの電池が恐ろしいほど早くなくなりますので、本当に最後の頼みの綱として使ってください笑。

結局、ホテルに泊まるか早くに並ぶ以外に確実に取れる方法はないので、いかに負担なく開園待ち出来るかを考えた方が良さそうです笑。

夏の暑いシーズンはファストパスを使わないと長い時間待つのは厳しいので、可能な限りファストパスを利用しましょう!

本当に壮大で楽しいアトラクションですので、頑張って朝早起きする価値は十分にあると思います!

それでは(^^)/